カラス撃退の難しさとは

  • ヤニ取りはどこで行うべきか

    • タバコを吸い始めの頃はそれほど気にならなかったのに、ある日鏡を見て歯が茶色や黒になっていくことに気づいてびっくりしたという経験を持つ人は多いでしょう。これは、歯にヤニがついてしまったために起こす現象で、タバコを吸っている人の多くが悩んでいる問題でもあります。

      歯というのは、中に神経があり、その周りを象牙質が覆っています。象牙質の外側にあるのがエナメル質と呼ばれる部分で、人体の中で一番硬いです。


      このエナメル質を虫歯などから守っているのが、ペリクルという薄い膜です。唾液の成分などからできていて、透明なので多くの人はこの膜の存在を知りません。


      しかし、タバコの中に含まれているタールと結びつく性質があるので、タバコを吸っていると歯の表面に色が付いてくるようになります。

      ヤニ取り用の歯磨き粉なども市販されていて、自宅で手軽に落とすことが出来るイメージがあります。
      歯の消しゴムという商品もありますが、実はこれらの商品は研磨剤が多く配合されているだけで、ヤニと一緒に歯の表面を傷つけることできれいになったように見せかけています。

      傷ついた歯の表面はざらざらしているので、ヤニや汚れが付きやすくなってしまいます。
      ヤニ取りをしたはずなのに、結果としてヤニが付きやすい状態になってしまっているのです。

      歯の健康を守りながら、ヤニ取りするには、歯科医院に行きましょう。わざわざヤニのために行くのには抵抗があると感じる人もいるでしょうが、歯科医院というのは虫歯を治す場所ではなくお口の健康を守る場所です。
      ヤニ取りには時間や手間がかかるイメージがありますが、実際には痛みもほとんどなく快適にきれいにすることができます。


      ヤニだけを取り除く治療は健康保険が使えないお口のクリーニングという扱いになり、1回に付き5000円以上の費用がかかります。
      保険外治療は歯科医院によって差があるので、いくらかかるかは確認してみましょう。

      専用の器具で歯の表面に付いているヤニを落とし、ブラシで磨いてくれるので、治療後は歯がツルツルになったことが実感できるでしょう。

      中には、フッ素と言って歯の表面を強くする薬剤を塗ってくれるところもあります。

      ヤニは歯の表面に結合しやすく、歯ブラシでは落とせないので、ヤニ取りは継続的に行かなければいけないという人もいます。
      しかし、こうすることで、お口の健康を守りながらタバコを吸うことができます。

      歯石が付いている場合は、歯石除去と一緒に落としてくれることもあり、この場合は健康保険が適応されるので費用も安くなります。

      また、ヤニというのは歯だけでなく、歯茎にも沈着することがあります。


      歯茎が黒ずんでいたら、タバコが原因であることが疑われます。

      最近の歯科医院で歯、歯茎のホワイトニングも行っていて、黒ずんだ歯茎をピンク色に戻す治療もあります。
      ヤニ以外でもお口の中で気になったことがあれば、歯科医院に行って相談してみましょう。

















  • 関連リンク

    • 引っ越しなどのタイミングで家の中を掃除しなければならなくなった場合には、ハウスクリーニング業者に依頼をしてきれいにしてもらう人もいるでしょう。また、トイレの調子がおかしい時には、水道関係の修理業者にお願いして、直してもらうことでしょう。...

    • 船を廃棄する時に重要になってくるのが、船の状態です。航行できるような船は、沈没しているような船と比べて引き上げの費用などがとても安いです。...